【約束のネバーランド】152話(最新話)ネタバレ感想|サジの顔が可愛かった件

約束のネバーランド152話 マンガ・アニメ
スポンサーリンク

【約束のネバーランド】152話(最新話)ネタバレ感想|サジの顔が可愛かった件

今回は『約束のネバーランド』152話の内容と感想を紹介します。

 

前回の復習をしたい方は、下記の関連記事をご覧ください。

関連記事>>『約束のネバーランド』151話ネタバレ感想

 

※ここから先は最新話までのネタバレの内容を含みます

 

毒をまかれたのは中央広場!?【約束のネバーランド152話】

前に、エマたちがムジカ・ソンジュと再会した時、ノーマンが作った毒について話していました。

 

アジトには毒を大量生産できる設備がなかったため、ノーマンはその毒を少量しか作っていないだろうとレイは予想しています。

 

ノーマンの目的は、毒によって混乱を引き起こすことなので、ソンジュは「中央広場」が狙われるのではないかと考えました。

 

ー『約束のネバーランド』152話より

 

ソンジュの予想は的中し、実際に毒は中央広場だけにまかれており、他の場所では見られなかったとアイシェ(鬼に育てられた少女)は言います。

 

ー『約束のネバーランド』152話より

 

ハヤトは、アイシェが人の言葉を話しているところを初めて聞いて驚いていました。笑

 

ドンたちはムジカたちと協力して毒の被害を何とかしてくい止めようとしていますが、どうやって止めるのでしょうか?

 

解毒剤はないはずなので、キーとなるのはムジカの邪血のような気がしますね。

 

ザジの顔が可愛かった件【約束のネバーランド152話】

前回の話では、ザジたちと女王レグラヴァリマの戦いが繰り広げられていました。

 

女王は、毒により爪の武器を上手く作れなくなり、かなり追い詰められていました。

 

ただ、そんな状況でも女王は攻撃の手を止めず、ザジが被っていた紙袋を破ります。

 

ザジの素顔はというと、、、可愛かったです。笑

 

ー『約束のネバーランド』152話より

 

もっといかつい顔をしているのかと思っていましたが、まさかのイケメンでした!

 

一人称は恐らく「僕」ですね。笑

 

もしかすると、ザジがミネルヴァさんだったらいいなと期待していましたが、そんなことはありませんでした。

 

ザジの勝利【約束のネバーランド152話】

女王がザジの紙袋を破いた後、シスロが女王を拘束し、その隙をついてザジが女王に攻撃しました。

 

見事、弱点である目にクリティカルヒットさせることができ、ついに女王を倒しました!

 

ー『約束のネバーランド』152話より

 

やっとですね!

 

ギーランvs女王からの食用児女王vs女王で、女王はここしばらくずっと出ずっぱりでした。

 

女王お疲れ様です!という感じです。笑

 

女王はどうしてもノーマンを食べたかった【約束のネバーランド152話】

女王は、誰よりも美味い人肉を食べることを渇望していました。

 

そのために、自分の父である王を殺してまで、1番にのし上がりました。

 

しかし、最上級の人肉は「鬼のボス」のものであるため、女王は口にすることはできません。

 

女王はどうしてもノーマンを食べたくて、ノーマンを「鬼のボス」に渡さないためにラムダに送ったようです。

 

ノーマン登場【約束のネバーランド152話】

倒れる女王の前に、「カッ カッ」という音を立ててノーマンが歩いてきました。

 

ノーマンは、死にかけている女王を蔑んだ目で見て「初めまして 女王陛下」と声をかけます。

 

ー『約束のネバーランド』152話より

 

そこで初めて、女王は食用児たちの黒幕が、自分が食べたくて仕方がなかったノーマンであることが分かります。

 

女王レグラヴァリマ死亡【約束のネバーランド152話】

こんな状況にも拘らず、女王はノーマンを目の前にすると「食べたい」という欲求がフツフツとわいてきました。

 

「誰にも渡さぬ!! お前は私の人肉なのだ!!」と言う女王に対して、ノーマンは「我ら誰一人もはや鬼の食料ではない」と鬼の言葉で罵るにようにして返しました。

 

ー『約束のネバーランド』152話より

 

そして、ノーマンは「やれザジ」と命令し、ザジは女王にトドメを刺します。

 

残すは、イヴェルクのみとなりました。

 

イヴェルクを殺し、貴族・庶民を殺せば食用児たちの完全勝利です。

 

ノーマンを止めようとする幼き頃のエマ【約束のネバーランド152話】

暗闇の中でノーマンを止めようとうする一人の女の子がいました。

 

それは、幼き頃のエマです。

 

ー『約束のネバーランド』152話より

 

そして、エマの後ろには昔のノーマンがおり、今のノーマンを悲しそうな目で見ています。

 

ノーマンの後ろめたさを象徴しているようなシーンでした。

 

エマ・レイ間に合わず【約束のネバーランド152話】

やっとエマとレイがノーマンの元に辿り着きました。

 

が、しかし、イヴェルクを含め既に鬼たちは全滅させられていました。

 

驚きを隠せないエマに対してノーマンは「残念 間に合わなかったね エマ」と言いました。

 

ー『約束のネバーランド』152話より

 

ここで、『約束のネバーランド』152話が終了します。

 

スポンサーリンク

【約束のネバーランド】152話ネタバレ感想

『約束のネバーランド』152話で気になったことは次の2つです。

 

  • ザジが可愛かった
  • レイがエマと一緒にいたこと
  • 王家・五摂家全滅

 

ザジの素顔が可愛かった

まず、なんと言っても152話のハイライトはザジの素顔が判明したことですね。

 

想像以上に可愛いかった!笑

 

身長も高いので、なかなかイケメンの要素を持ち合わせたキャラクターでしたね。

 

もしかすると、ザジはミネルヴァもしくは誰か知っている人なのかなとも思っていましたがが、そんなことはありませんでした。

 

とすると、なぜ顔を隠していたのかギモンが残ります。

 

明かりが苦手なのでしょうか?

 

レイがエマと一緒にいたこと

残念ながらエマとレイはノーマンを止めることが出来ませんでした。

 

ただ、ここで気になったのはエマがレイと一緒にいたことです。

 

城にエマを潜入させるために、レイが踏み台となっていたので、てっきり別行動をしていると思っていました。

 

約束のネバーランド149話

ー『約束のネバーランド』152話より

 

なので、今回一緒にいることが分かって少し驚きました。

 

もしかすると、エマが城に入った後に、ロープとかを垂らしてレイも入ることができたのかもしれませんね。

 

王家・五摂家全滅

ついに、王家・五摂家が全滅しました!

 

エマは鬼と人間の世界を分けようとしていますが、鬼が全滅して欲しいとは思っていません。

 

エマは、鬼をムジカの血によって人間を食べなくても生きていけるようにしようと考えています。

 

そして、鬼の世界を存続させるためには統治をする王家もしくは貴族が一人でも生き残っている必要がありました。

 

が、すでにノーマンが全滅させていました。

 

エマから約束を結び直したことを聞いて、ノーマンは残りの貴族と庶民は殺さないということになるのでしょうか?

 

恐らく、ムジカたちが頑張ってくれているので、鬼が絶滅することはないはずです。

 

もしエマとノーマン(ラムダ)が戦うことになった場合、ソンジュがいるエマ側が勝つのではないでしょうか?

 

続きはこちら>>【約束のネバーランド】153話ネタバレ感想

 

『約束のネバーランド』関連記事

【約束のネバーランド】150話ネタバレ感想

【約束のネバーランド】154話ネタバレ感想

【約束のネバーランド】155話ネタバレ感想

【約束のネバーランド】156話ネタバレ感想

【約束のネバーランド】157話ネタバレ感想

 

『約束のネバーランド』の最新話を無料で読みたい!

 

『約束のネバーランド』の最新話を無料で読みたいという方は、U-NEXTがオススメです。

 

U-NEXT特徴は次のとおりです。

 

  • 無料登録で31日間無料で動画見放題!
  • 無料登録で600円分のポイントゲット!
  • 月額1990円で使い放題!

 

U-NEXTを無料登録すると600円分のポイントが貰えるので、そのポイントで『約束のネバーランド』の最新話が掲載されている『週刊少年ジャンプ』を1冊無料で読むことができます。

 

あまり大きい声では言えませんが、『週刊少年ジャンプ』を読んだ後で解約すればお金はかかりません。

 

なので、1円もお金を払いたくないという方は31日以内に解約しちゃってください。(←U-NEXTに怒られそう笑)

 

U-NEXTまだ1度も登録していない人限定なので、この特典が終わる前にお早めに登録してください。

▼公式HPはこちら

 

 

 

 

カテゴリー
【関連記事】

<script><noscript><img src=

<script><noscript><img src=

マンガ・アニメ約束のネバーランド
池井 サカキをフォローする
読書シンドローム

コメント

タイトルとURLをコピーしました