【賢い投資法を紹介】橘玲『臆病者のための億万長者入門』要約

実用書
スポンサーリンク

【賢い投資法を紹介】橘玲『臆病者のための億万長者入門』要約

サカキ
サカキ

こんにちは、ブロガー兼VTuberのサカキです!今回は、橘玲さんの『臆病者のための億万長者入門』という本の内容を要約して紹介します

 

本書のタイトルに「臆病者」とありますが、橘さんは、多くの個人の投資家は臆病者にならざるを得ないと言います。

 

その理由は、個人の投資家は投資で損をするとそのまま生活に打撃するからです。

 

では、臆病者である個人の投資家は、どのような戦略を取ればよいのか。

 

先に結論から言いますと、その戦略というのは「株式市場の暴落を待って、株価が回復するまでドルコスト平均法で分散投資すること」です。

 

橘さんはなぜこの答えを出したのか、ドルコスト平均法の仕組みも含めて順を追って説明します。

YouTubeで観たい方はこちら

【ドルコスト平均法】「臆病者の投資家が取るべき戦略」は暴落を待って分散投資

合理的な投資家が取るべき選択肢2つ

まず、投資をする上で前提とすべきことは、株価の変動は予測できないということです。

 

以前、当ブログで紹介した『難しいことは分かりませんが、お金の増やし方を教えてください!』という本にも書いてありましたが、本書の著者である橘さんも「儲かる株は分からないから、探すだけ時間のムダ」と言います。

 

では、どの株が上がるのか分からないとすると、合理的な投資家が取るべき選択肢は2つしかありません。

  1. 何もしない
  2. 株式市場まるごと買う

この2つの戦略は、どちらが正しいというのはないと言います。

 

例えば、バブルが崩壊し株価が値下がりした時に、最も賢かった行動は「全財産預金すること」でした。

 

一方、株価が下がり続けない場合に取るべき選択肢というのが、2つ目の「株式市場まるごと買う」ことです。

 

大それたことのように聞こえるかもしれませんが、簡単に言うと、「世界経済のインデックスファンド」に投資するということになります。

 

インデックスファンドというのは、日本でいう日経平均のような「市場平均に連動する投資信託」のことです。

 

今後の株の根動きが分からないため、できるだけ幅広く分散投資する必要があります。

 

世界全体に分散投資する上で、日本人が最も購入しやすいものとして、本書では「上場インデックスファンド世界株式」が紹介されています。

 

今後の世界経済で考えられるシナリオと取るべき行動

今説明してきたことを踏まえて、今後の世界経済で考えられるシナリオと取るべき行動をまとめます。

 

今後起こり得るシナリオは、次の3パターンです。

  1. 株価は下落し続ける
  2. 株価は上昇し続ける
  3. 株価は上がりも下がりもしない

それぞれの考え方によって取る戦略は変わってきます。

株価は下落し続ける

まず、1つ目の「株価は下落し続ける」と考えている方は、先程バブル崩壊後での賢い行動として説明したように、銀行への預金が1番安全です。

株価は上昇し続ける

次に、2つ目の「株価は上昇し続ける」と考えている方は、先程紹介した世界経済のインデックスファンドに投資すれば儲かることになります。

株価は上がりも下がりもしない

最後、3つ目の「株価は上がりも下がりもしない」と考えている方は、ドルコスト平均法で投資すれば儲かります。

ドルコスト平均法って何!?

ドルコスト平均法を初めて聞いたという方もいるかと思いますので、簡単に説明します。

 

こちらのツイートで、ドルコスト平均法の説明部分を切り取っているので、もしよかったらご覧ください!

例えば、A君とB君がいるとして、A君は、5月に1株100円のものを2株つまり200円分買ったとします。

 

その株は、6月に1株50円に下がりましたが、7月には再び100円になりました。

 

A君が持っている株の価値は200円なので買った時と変わらず損も得もしません。

 

一方B君は、5月にA君と同じ株を1株だけ、つまり100円分買いました。

 

そして、次の月も100円分買いましたが、その株は1株50円になっていたので2株買うことができます。

 

合計で、B君は3株持っていることになります。

 

7月に1株100円に戻った時に、B君が持っている株の価値は300円になるので、100円のプラスです。

 

B君のように、毎月一定の金額で投資する方法を「ドルコスト平均法」と言います。

 

「ドルコスト平均法」は、株価が下がるとその分多く購入することができるため、元に戻りさえすれば、暴落こそがチャンスと言える方法です。

 

ちなみに、経済評論家の勝間和代さんは『勝間式超コントロール思考』の中で、「ドルコスト平均法以上に優れた投資方法を見出せない」と言い、「ドルコスト平均法」を推していることがわかります。

スポンサーリンク

個人投資家が取るべき最も合理的である投資方法

話を戻しまして、これまで説明した内容を踏まえると、株価の変動が予測できない中で、臆病者である個人投資家にとって最も合理的である投資方法は一つしかありません。

 

その戦略が、最初に紹介した「株式市場の暴落を待って、株価が回復するまでドルコスト平均法で分散投資すること」という話につながりますす。

 

損をすることに敏感である個人の投資家は、暴落に引っかかって資産の大半を失うことは避けなければなりません。

 

暴落のリスクをさけて投資をするための最も確実な方法というのが、株式市場が暴落してから分散投資を始めることです。

 

今後、リーマンショック級の大暴落が来るかもしれないので、その時に「ドルコスト平均法」で投資を始めるというのはアリかもしれません。

 

本書では投資の初心者でも分かりやすく丁寧に書かれているので、自分の資産を守るためにも読んでおいて損はありません!

スポンサーリンク

関連記事

【投資信託入門】『難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!』【要約】山崎元/大橋弘祐
【投資信託入門】『難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!』山崎元/大橋弘祐 図解・最新 難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください! posted with ヨメレバ ...

 

【持ち家VS賃貸】『お金が貯まるのはどっち!?』【要約】菅井敏之
【持ち家VS賃貸】『お金が貯まるのはどっち!?』菅井敏之 お金が貯まるのは、どっち!? posted with ヨメレバ 菅井敏之 アスコム 2014年03月 楽天ブックス Amazon Kind...

 

お金の「生活習慣病」にかかっていませんか!?┃泉正人『お金原論』
お金の「生活習慣病」にかかっていませんか!?┃泉正人『お金原論』 お金原論 posted with ヨメレバ 泉 正人 東洋経済新報社 2016年07月22日 楽天ブックス Amazon Kind...

 

カテゴリー
【関連記事】

<script><noscript><img src=

<script><noscript><img src=

実用書資産運用
池井 サカキをフォローする
読書シンドローム

コメント

タイトルとURLをコピーしました