【マンガ大賞2019】『彼方のアストラ』感想┃伏線の回収が凄すぎる!

マンガ・アニメ
スポンサーリンク

【マンガ大賞2019】『彼方のアストラ』感想┃伏線の回収が凄すぎる!

サカキ
サカキ

今回は、2019年のマンガ大賞を受賞した篠原健太さんの『彼方のアストラ』というマンガを紹介します!

 

この記事の内容は、次の4つです。

  1. 作品紹介
  2. ジャンル
  3. あらすじ(ネタバレなし)
  4. このマンガの魅力

 

YouTubeで観たい方はこちら


今すぐ読むべき!【2019マンガ大賞受賞!】『彼方のアストラ』

1.『彼方のアストラ』作品紹介

まず、作品紹介からさせていただきます。

 

みなさん、『彼方のアストラ』というマンガをご存じでしたか?

 

中には、本屋さんで見かけたことがある方もいると思います。

 

それもそのはずで、なんと『彼方のアストラ』は、2019年マンガ大賞を受賞しています!

f:id:ke1Q84:20190424135537p:plain

ーマンガ大賞公式ホームページより 

 

ところで、この絵どこかで見たことはありませんか?

f:id:ke1Q84:20190424135524p:plain

ー『彼方のアストラ』公式ホームページより

 

私は『彼方のアストラ』というマンガをマンガ大賞受賞をきっかけに知りました。

 

しかし「あれ、この絵どこかで見たような、、、」と思い、作者の名前を確認しました。

 

すると、『彼方のアストラ』は、『スケットダンス』と同じ作者「篠原健太」さんの作品であることが分かりました。

『スケットダンス』は2007年から2013年まで、週刊少年ジャンプで連載されていた作品です。

 

私は、この作品を中学生の時から読んでおり、全巻揃える程の大好きな作品でした。

 

『彼方のアストラ』は、2016年5月9日~2017年12月30日まで集英社のウェブコミック配信サイト『少年ジャンプ+』で連載されていたようです。

 

Webマンガでマンガ大賞を受賞した作品は『彼方のアストラ』が初です。

 

さらに、おめでたいことに、なんとアニメ化も決定しており、2019年7月開始予定です。

2.『彼方のアストラ』ジャンル

続いて、このマンガのジャンルは、「SF×サバイバル×ギャグ」です。

 

前作の『スケットダンス』が、ギャグコメディでしたので、『彼方のアストラ』もギャグの切れは抜群です。

 

私は、第1巻の3ページ目で軽く吹きそうになり、4ページ目の1コマ目で完全に吹きだしてしまいました。笑

 

▼『彼方のアストラ』第1巻(p.3)より

f:id:ke1Q84:20190424140947j:plain

▼『彼方のアストラ』第1巻(p.4)より

f:id:ke1Q84:20190424141159j:plain

『知ったかぶり~』でやられました。笑

 

話を戻します。

 

作者は、あえてSFという得意分野ではないジャンルを選び、困難に挑戦しなけれればならないという気持ちで『彼方のアストラ』を描き始めたようです。

 

私としては、他のSF作品と遜色のない、素晴らしいマンガであると感じました。

3.『彼方のアストラ』あらすじ (ネタバレなし)

続いて、簡単なあらすじを紹介します。

 

このマンガの主な登場人物は、8人の高校生と10歳の少女の9名です。

 

▼『彼方のアストラ』第1巻より

f:id:ke1Q84:20190424142114j:plain

この9人のメンバーは、ある惑星で5日間キャンプをするという学校のプログラムに、無作為に選ばれました。

 

その惑星まで先生に送ってもらい、次に迎えが来るのは5日後です。

 

これから、楽しいキャンプが始まると思ったその矢先、不思議な球体に9人全員が飲み込まれ、宇宙へと放り出されます。

 

たまたま見つけた宇宙船に乗り込み、現在位置を確認したところ、なんと、元々いた惑星から5千光年も離れていることが分かりました。

 

超光速で移動しても、3ヶ月はかかる距離です。

 

船に残されている食料は3日分。

 

果たして、宇宙の彼方で遭難した9人は、無事に帰ることができるのか。

 

以上がこのマンガのあらすじです。

4.『彼方のアストラ』の魅力

続いて、『彼方のアストラ』の魅力を紹介します!

 

紹介するのは次の3つです。

  • キャラクター
  • ストーリー
  • 巻数

キャラクター:アリエスが可愛い!

まず、キャラクターですが、9人全員が個性的かつ魅力的で、よく作りこまれていることが分かります。

 

特に一押しなのは、ピンク色の髪のヒロイン 「アリエス」です。

 

この絵の右の子です。

f:id:ke1Q84:20190424142931j:plain

ー『彼方のアストラ』第3巻より

 

なかなかのサービスショットですよね。笑

 

アリエスの性格は、明るくて天然なので、宇宙で遭難してはいますが、彼女の言動により凄く癒されます。

 

また、『彼方のアストラ』の主人公であるカナタは、前作『スケットダンス』の主人公 ボッスンと凄く良く似ています。

 

カナタは、少したくましくなったボッスンという感じで、頼りあるのか頼りないのか分からないような、それでもやっぱり頼りあるキャラクターです。

 

ヒロインのアリエスとの漫才のような掛け合いにも注目です!

 

遭難していることを忘れるくらい和んでしまうはずです。

ストーリー:伏線の回収が巧い!

ストーリーですが、正直クオリティが高過ぎて本当に驚きました。何度騙されたか分からないくらい、緻密なストーリーになっています。

 

先程、この9人が無作為で選ばれたと言いましたが、実はメンバー全員にある共通点が見つかります。

  • 彼らは、本当にランダムで選ばれたメンバーなのか
  • 9人を宇宙へと放り出した謎の球体は何なのか
  • 誰かが裏で糸を引いているのではないか

 

ストーリーが進むにつれて、このような謎がドンドン明らかになっていきます。

 

私自身も、このマンガを手に取った時は、大変失礼ながら「マンガ大賞を受賞したくらいだからある程度はオモシロイのだろう」くらいにしか思っていませんでした。

 

しかし、第1巻を読んだ時点で、「完全にやられた!」と寝不足を覚悟しました。

 

これから読む方もいると思いますので、具体的に何巻とは言いませんが、その巻を読んで「メンバーのある共通点」が判明した時は、ただただ悔しかったです。笑

 

「何で気づけなかったんだろう」と。笑

 

中には、読み進めている途中で分かる方もいると思いますが、私は分かりませんでした。

 

基本、マンガや小説を読む時は、今後の展開を予想しながら読んでいるので、本当に悔しかったです。笑

 

要所要所に、ヒントは転がっているので、読むときは覚悟して読んでください。

巻数:5巻で完結!

最後に、このマンガの巻数ですが、なんと5巻で完結しています。

 

こちらが最終巻です。

巻数が多いとなかなか手を出しづらいと思いますが、『彼方のアストラ』は5巻なので、それほど気合を入れずに読めると思います。

 

巻数は少ないですが、ストーリーの密度とクオリティは凄く高いので、このマンガを読んで満足できない人はほとんどいないと思います。

 

また、友達などにマンガを紹介するとき、「ワンピース」や「キングダム」などは巻数が多いので、オススメしづらいという面があります。

 

しかし、『彼方のアストラ』は、巻数が少ないので、マンガを探している人に気軽に紹介できます。

 

話題沸騰中の今、是非読んでみてください!

スポンサーリンク

関連記事

▼【2019】マンガ大賞第3位『ブルーピリオド』

【マンガ大賞第3位】『ブルーピリオド』感想・あらすじ(ネタバレなし)~この作品は間違いなく面白い!~
 【マンガ大賞第3位】『ブルーピリオド』感想・あらすじ(ネタバレなし)~この作品は間違いなく面白い!~ ブルーピリオド(1) posted with ヨメレバ 山口 つばさ 講談社 2017年12月22日 ...

 

▼【2019】オススメの漫画ランキングTOP10

www.ke1q84.info

カテゴリー
【関連記事】

<script><noscript><img src=

<script><noscript><img src=

マンガ・アニメ彼方のアストラ
池井 サカキをフォローする
読書シンドローム

コメント

タイトルとURLをコピーしました