【五等分の花嫁】113話考察|114話の展開も予想してみた

五等分の花嫁113話 マンガ・アニメ
スポンサーリンク

【五等分の花嫁】113話考察|114話の展開も予想してみた

サカキ
サカキ

今回は、『五等分の花嫁』113話の考察と114話の展開予想をしていきます!

 

ここから先、ネタバレの内容が含まれますので、ご注意ください。

 

この記事は、YouTubeにアップした『五等分の花嫁』113話に関する考察動画2本分の原稿です。

 

まず、動画1本目の内容は以下のとおりです。

 

  • 全員の教室回っている説
  • 「よぉ 待たせたな」の意味
  • なぜ四葉だと分かった

 

順番にお話ししていきます。

 

▼動画はこちら

【五等分の花嫁】113話考察|風太郎が全員の〇〇を回った説※ネタバレ注意

 

風太郎は全員の教室を回っている説

まず、風太郎は全員の教室を回っている説について!

 

結論から言うと、その可能性は低いと思っています。

 

というのは、五月は風太郎に「あなたが向かうのはただ一つの教室 これが私たちの覚悟」と言っているので、もし風太郎が全員の教室を回ってしまうと五つ子の覚悟を踏みにじることになってしまうからです。

 

ー『五等分の花嫁』113話より

 

五つ子は、風太郎が誰か一人の教室にしか来ないと思っているため、そこに風太郎が現れると自分が選ばれたと勘違いし、ぬか喜びしてしまいます。

 

風太郎がドアを開けて「いや、お前を選んだワケではなくて、やっぱり全員の教室を回ろうと思って・・・」と言ったとすると、選ばれなかった4人があまりにも可哀想です。

 

なので、風太郎は他の教室には寄らず真っ先に保健室へと向かったと考えるのが自然だと思います。

 

ただ、そうなると次の2つのギモンがわくと思います。

  • 「よぉ 待たせたな」の意味
  • なぜ姉妹は四葉が選ばれたと分かったのか

 

ギモン①「よぉ 待たせたな」の意味

ー『五等分の花嫁』113話より

 

まず、「よぉ 待たせたな」の意味について!

 

これはいかにも風太郎が他の教室を回った後に保健室に来たかのようなセリフです。

 

ただ、五つ子がバラバラになってから風太郎が保健室に来るまでに時差があったとすれば、「待たせたな」というセリフにも納得がいきます。

 

あるいは、6年前に会った子が四葉だと気づくのに、時間がかかってしまったことを意味しているのかもしれません。

 

6年前に風太郎は神社で、四葉との再会あるいは四葉が自分の花嫁になるようにお願いしており、偏差値の高い高校に行けば、四葉と再会できると考えていた可能性があります。

 

しかし、実際は皮肉なことに四葉が落第することで再会を果たしました。

 

ギモン②なぜ保健室に行ったことを他の姉妹は分かったのか

ギモン2つ目は、なぜ風太郎が保健室に行ったことを他の姉妹は分かったのかについてです。

 

そこで考えられるのは、次の2パターンです。

 

  • ドアを開ける音「ガラッ」
  • 風太郎が四葉を選ぶことを察していた

 

ドアを開ける音「ガラッ」

一つ目は、ドアを開ける音です。

 

風太郎がドアを開ける時のコマには「ガラッ」という文字がかなり大きく描かれています。

 

ー『五等分の花嫁』113話より

 

このコマは、外にいる四葉以外の4人に、この音が聞こえていたことを示唆しているのかもしれません。

 

ただ、それだと自分が選ばれなかったことは分かりますが、四葉を選んだことは分からないはずです。

 

風太郎が四葉を選ぶことを察していた

とすると、考えられるのは、風太郎が四葉を選ぶことを察していたということです。

 

一花は、風太郎が自販機で買った飲み物がオレンジジュースだったことから四葉を選ぶと分かっていたはずです。

 

五月は学園祭初日の「この問題を解くまで 随分時間がかかりましたね」というセリフから写真の子である四葉が選ばれると予想していたことが分かります。

 

ー『五等分の花嫁』99話より

 

また、「羨ましい限りです」というのは、自分も風太郎に選ばれたかったという心の声が漏れたのかもしれません。

 

そして、二階にいたはずの三玖が二乃の元に来たことからも、三玖は四葉が選ばれることを察していたと考えられます。

 

もしかすると、竹林さんが襲来した時の「私の方が上杉さんのこと・・・」という四葉のセリフから、四葉と風太郎の関係に気づいたのかもしれません。

 

ただ、二乃だけは四葉が選ばれたことを知らないように見えます。

 

それは、最後の最後まで二乃は自分が選ばれると信じていたからではないでしょうか?

 

スポンサーリンク

『五等分の花嫁』114話展開予想

ここからは、『五等分の花嫁』114話展開予想に移ります。

 

具体的な内容は次のとおりです。

 

  • 最後の屋台
  • 外にいた理由

 

▼動画はこちら

【五等分の花嫁】113話考察|アノ子とアソコで〇〇する!?※ネタバレ注意

 

最後の屋台

まず、最後の屋台についてですが、風太郎は前田くんたちと恋バナをした後、どこかの屋台へ行きました。

 

しかし、風太郎はお金を持っていないと言っています。

 

では、風太郎は最後にどこの屋台に行ったのでしょうか?

 

考えられるのは、唐揚げ屋さんです。

 

ー『五等分の花嫁』113話より

 

風太郎は学園祭初日に四葉から唐揚げ券を貰っていたので、その無料券と唐揚げを引き換えに行ったと考えられます。

 

また、保健室に入る前には何か袋を持っており、その中には唐揚げが入っているはずです。

 

恐らく、この後、四葉と一緒に食べることになると予想されます。

 

そうなると、風太郎はこの唐揚げ券を3日目の夜まで使っていないことになり、やはり2日目の自販機の前で飲み物を選んでいる時にも、唐揚げ券がポケットに入っていたことになります。

 

以前にアップした動画では、飲み物を選ぶシーンでポケットがアップで描かれていることから、唐揚げのイメージが強い五月あるいは唐揚げ券をくれた四葉のどちらかを選ぶことになるのではないかというお話しをしました。

関連動画>>『五等分の花嫁』唐揚げ券から読み解く花嫁考察

 

が、五月はミスリードで風太郎はこの時オレンジジュース(四葉)を買っていたことが分かりました。

 

四葉が外にいた理由

続いて、四葉が外にいた理由についてですが、次の4パターンが考えられます。

 

  1. 自分が選ばれるとは思っていなかったから
  2. お守り&写真を燃やしていた
  3. 竹林さん
  4. 仕事

 

この中では、竹林さん仕事のどちらかという可能性が高いと思っています。

 

まず、自分が選ばれるとは思っていなかったから、約束をすっぽかして外に行っていたというのは、ちょっと自己中過ぎるので、ほぼないと思います。

 

次、お守り&写真を燃やしていた説についてですが、こちらも以前にアップした動画で、キャンプファイヤーに向かってお守りと写真を振りかぶって投げるのではないかというお話しをしていました。

関連動画>>『五等分の花嫁』四葉はキャンプファイヤーでお守りと写真を燃やす説

 

が、お守りと写真を燃やすというのは明らかに負けフラグでしたが、今回四葉が選ばれたのでこの可能性も低いと思います。

 

次、竹林さんについてですが、僕は前から竹林さん再登場説を推してきました。

 

しかし、残り約9話しかないので、そこに竹林さんが入り込める余地があるのかどうかが微妙になってきました。

 

ただ、キャンプファイヤーの前に竹林さんがいるのを見て四葉が外に出たとすると、真田くんと話しているシーンは学園祭3日目の夕方という可能性が浮上します。

 

そして無難なのは、学級長の仕事でやむを得ず外に出たということです。

 

ただ、今回考察した以外の理由が来ることも十分考えられます。

 

114話の更新が楽しみですね。

 

『五等分の花嫁』の最新話を無料で読みたい!

無料で読むには、<U-NEXT>がオススメです!

 

<U-NEXT>特徴は次のとおりです。

 

  • 無料登録で31日間無料で動画見放題!
  • 無料登録で600円分のポイントゲット!
  • 月額1990円で使い放題!

 

<U-NEXT>無料登録すると、600円分のポイントが貰えます。

 

そのポイントを使って、『五等分の花嫁』の最新話が掲載されている『週間少年マガジン』を読むことができます。

 

あまり大きい声では言えませんが、『五等分の花嫁』の最新話を読んだ後で解約すればお金はかかりません。

 

なので、1円もお金を払いたくないという方は31日以内に解約しちゃってください。(←<U-NEXT>に怒られそう笑)

 

1回きりのチャンスなので、まだ登録していない方限定の特典となっています。

 

この特典が終わる前に、お早めに登録することをオススメします。

▼公式ホームページはこちら

 

 

カテゴリー
【関連記事】

<script><noscript><img src=

<script><noscript><img src=

マンガ・アニメ五等分の花嫁
池井 サカキをフォローする
読書シンドローム

コメント

タイトルとURLをコピーしました