【五等分の花嫁】113話感想&考察|鐘キスもアノ子で確定!?

五等分の花嫁111話 マンガ・アニメ
スポンサーリンク

【五等分の花嫁】113話感想&考察|鐘キスもアノ子で確定!?

サカキ
サカキ

今回は、『五等分の花嫁』113話についてお話ししていきます

 

ここから先、ネタバレの内容が含まれますので、ご注意ください。

 

この記事は、YouTubeにアップした『五等分の花嫁』113話に関する考察動画2本分の原稿です。

 

まず、動画1本目の内容は以下のとおりです。

 

  • 鐘キス=四葉!?
  • 四葉vs五月にはならず
  • 14巻で完結
  • アニメ2期

 

▼動画はこちら

【五等分の花嫁】113話考察|鐘キスもアノ子で確定!?※ネタバレ注意

 

鐘キス=四葉!?

まず、鐘キス=四葉について!

 

四葉が花嫁というのは納得いきますが、鐘キスをしたのが四葉というのが少し意外というのが正直なところです。

 

五等分の花嫁101話

ー『五等分の花嫁』101話より

 

風太郎は鐘キスは事故だったと言っており、もし花嫁が五月だとすれば本当に事故という可能性が高いですが、その相手が四葉となると故意(恋)でキスをしたとも考えられます。

 

事故の可能性も否めませんが、四葉はずっと風太郎のことが好きだったので、ここぞとばかりにキスをしたのかもしれません。

 

四葉vs五月にはならず

四葉vs五月にはならずについて!

 

今回、四葉が選ばれたことで風太郎が認識している花嫁とのキスは鐘キスの1回であるという考察は正しかったことが分かります。

 

なので、今後の展開として学園祭編で風太郎に気づかれずにキスをした四葉とそもそもキスをしていない五月との一騎打ちになるのではないかと予想していました。

 

五等分の花嫁111話

ー『五等分の花嫁』111話より

 

しかし、実際は五月は花嫁闘争に参加することなく、予想以上に早く花嫁が確定してしまいました。

 

中にはまだ花嫁は確定していないのではないかという声もあります。(僕もそう信じたい)

 

しかし、ここから五月や他の子が花嫁になると、いくらなんでも四葉が可哀想なので、ここからひっくり返るとは考えづらいです。

 

僕は四葉エンドが確定し、他の子が選ばれなかったことも凄く悲しいですが、それと同じくらい、いやそれ以上に悲しいことがあります。

 

それは、『五等分の花嫁』が14巻で完結することが確定したことです。

 

『五等分の花嫁』が14巻で完結

風太郎と五つ子の大学生編や、風太郎と四葉が結婚した後のそれぞれの物語も期待していましたが、113話が更新された日にねぎ先生本人からTwitterで報告がありました。

 

14巻には114話から122話が収録されると予想され、そうなると残り9話で完結となり来年の2月か3月に最終話を迎えることになります。

 

なので、五月のキャラクターブックが発売される2020年3月17日に最終巻である14巻が一緒に発売されると考えられます。

 

正直『五等分の花嫁』が完結することは三玖が選ばれなかったことよりも悲しいです。

 

ただ、救いがあるのはアニメ2期の制作が決定していることです。

 

『五等分の花嫁』アニメ2期の制作が決定している

『五等分の花嫁』第2期制作決定告知PV

まだ放送日が明らかになっていないので、もしかすると、最終話の掲載と同時にアニメの放送日が発表されるのかもしれません。

 

2020年の4月からアニメが放送されると分かっていれば、「ごと嫁ロス」が少しは軽減されると思います。

 

大好きな作品が終わってしまうことは物凄く悲しいですが、これほど熱狂できる作品を描いてくださったねぎ先生には感謝しかありません。

 

スポンサーリンク

『五等分の花嫁』113話考察動画2本目

ここから動画2本目の原稿になります。

 

具体的な内容は次のとおりです。

 

  • 一人で待つこと
  • ブランコの笑顔
  • 一花はやっぱりお姉さん

 

▼動画はこちら

【五等分の花嫁】113話考察|アノ子にしか見せない笑顔※ネタバレ注意

 

一人で待つこと

まず、一人で待つことについて!

 

姉妹がそれぞれ別々の教室で待つということは、五つ子皆で決めたことだと分かりました。

 

これが風太郎からの提案だったとすればシスターズウォー以上に燃えていたと予想されるので、それを避けるためにもこの形にしたのだと考えられます。

 

なので、もし、それぞれが別々の教室で待つという形を取らなかったら風太郎は本当に誰も選ばなかったのかもしれません。

 

それこそ、四葉と五月の延長戦というパターンも起こりえたと思います。

 

しかし、ねぎ先生はこれ以上『五等分の花嫁』の物語を引き延ばすことはせず、学園祭編をクライマックスとする道を選びました。

 

100話の「この選択は あるいはこの選択をすることは 正しかったのだろうか」という描写には、ねぎ先生の心理が投影されているのかもしれません。

 

ブランコの笑顔

ブランコの笑顔について!

 

風太郎は四葉にだけしか見せない顔を持っていました。

 

それは、37話の「勤労感謝ツアー」の話で、お馴染みの公園で風太郎がブランコを乗っていた時に見せた笑顔です。

 

ー『五等分の花嫁』37話より

 

風太郎が腹から声を出して笑ったのはこの時だけではないでしょうか?

 

もしかすると、風太郎はこの時から四葉が写真の子であることを薄々気づいていたのかもしれません。

 

一花はやっぱりお姉さん

一花はやっぱりお姉さんについて!

 

112話の一花はどこか余裕があるように見えていました。

 

一花は5人がバラバラになる前、浮かない顔をしている二乃と四葉を励ますようにハグをしますが、113話読んだ後では一花には余裕があったワケではないことが分かります。

 

ー『五等分の花嫁』112話より

 

一花は、2日目の夜に風太郎が自販機でオレンジジュースを買っていたことから、風太郎が四葉を選ぶことを予想していたはずです。

 

そして、113話で風太郎が四葉の元へと行ったことが分かった時には、顔は見えませんが恐らく泣いていたと思います。

 

なので、一花は決して余裕があったワケではなく、こんな時だからこそ姉である自分がしっかりしないといけないと考えて、妹の2人を元気づけるためにハグをしたのだと考えられます。

 

これまで、姉妹の間でも色々なことがありましたが、四葉だけでなく他の4人も心から幸せになって欲しいと願っています。

 

『五等分の花嫁』の最新話を無料で読みたい!

無料で読むには、<U-NEXT>がオススメです!

 

<U-NEXT>特徴は次のとおりです。

 

  • 無料登録で31日間無料で動画見放題!
  • 無料登録で600円分のポイントゲット!
  • 月額1990円で使い放題!

 

<U-NEXT>無料登録すると、600円分のポイントが貰えます。

 

そのポイントを使って、『五等分の花嫁』の最新話が掲載されている『週間少年マガジン』を読むことができます。

 

あまり大きい声では言えませんが、『五等分の花嫁』の最新話を読んだ後で解約すればお金はかかりません。

 

なので、1円もお金を払いたくないという方は31日以内に解約しちゃってください。(←<U-NEXT>に怒られそう笑)

 

1回きりのチャンスなので、まだ登録していない方限定の特典となっています。

 

この特典が終わる前に、お早めに登録することをオススメします。

▼公式ホームページはこちら

 

 

カテゴリー
【関連記事】

<script><noscript><img src=

<script><noscript><img src=

マンガ・アニメ五等分の花嫁
池井 サカキをフォローする
読書シンドローム

コメント

タイトルとURLをコピーしました