【約束のネバーランド】157話ネタバレ考察|女王の能力がイヴェルク・ギーラン復活の伏線説

スポンサーリンク

【約束のネバーランド】157話ネタバレ考察|女王の能力がイヴェルク・ギーラン復活の伏線説

今回は、『約束のネバーランド』157話の考察をしていきたいと思います。

 

この記事にはネタバレの内容が含まれますのでご注意ください。

 

具体的には、女王レグラヴァリマの能力がイヴェルク・ギーラン復活の伏線説についてお話ししていきます。

 

157話では女王の能力が明らかになりました。

 

女王の能力は星のカービィの強化版【約束のネバーランド157話】

女王は2つ目の核により復活を果たして圧倒的な力を得たことで、ソンジュたちに自分の能力を自慢していました。

 

その内容は、食べた者の記憶から力まで全てを自分の物として引き出せるというものです。

 

例えると、星のカービーの強化版になります。

 

では、なぜその能力とイヴェルク・ギーランの復活が関係しているのかと言うと、女王の中でイヴェルクやギーランが生きていると考えられるからです。

 

正確に言うと、その2人だけでなく今まで食べてきた人や鬼が生きていると予想しています。

 

155話では、女王から謎の集合体が生まれていましたが、その中にはギーラン・イヴェルクそして、GFの食用児からシスタークローネの姿までありました。

 

実際に、その中にいる者たちは言葉を発していたので、もしかすると生きているのではないかという可能性が浮上します。

 

女王を殺せば全員生き返る!?【約束のネバーランド157話】

女王は、今までに取り込んだ鬼たちの全ての能力を引き出せるということなので、逆に言うと、女王を殺せば全員生き返るのではないでしょうか?

 

その根拠として、157話の冒頭で描かれていたソンジュの先生の言葉があげられます。

 

先生は、命は全て借り物であるため、「自分で」神から借りて神に返さなければならないと言っていました。

 

しかし、女王を含め多くの鬼は、農園から食用児を調達しているため「自分で」借りてはおらず、また女王に至っては食べた生き物を体の中に宿しており、神に返してすらいません。

 

なので、女王はその能力の副作用として、殺された場合は自分の命と引き換えに今まで食べてきた生き物全てが生き返るなんてことがあるのではないでしょうか?

 

今回描かれたソンジュの過去シーンは、ソンジュが王族を裏切った理由を説明するだけでなく女王の能力の副作用を示唆するためにも描かれたのではないかと考えています。

 

そして、イヴェルクが王に跪いているシーンがあったので、先生は恐らくイヴェルクの謀略により殺害されたと考えられます。

 

もし、女王が先生を食べていたら、もしかするとソンジュと再会するなんてことがあるのかもしれません。

 

エマはギーランと交渉して約束を結び直す説【約束のネバーランド157話】

続いて、エマはギーランと交渉して約束を結び直す説についてお話ししていきます。

 

まだ、ギーランが復活することも分かってはいない段階ではありますが、復活することを前提に妄想に近い考察をしていきたいと思います。

 

156話では、復活した女王にエマが襲われそうになった時、丁度ムジカとソンジュが助けに来てくれました。

 

ムジカはそこで五摂家が全員死んだことを知り、もし交渉をするならイヴェルクかプポだと考えていたようですが、間に合わなかったことが分かります。

 

このままだと女王を説得するしか道はないように思えますが、ムジカやエマたちを食べたくてしかたがない女王と交渉が進むとは考えづらいです。

 

なので、恐らく女王はソンジュが倒すことになると予想され、そうなるとエマたちは交渉相手を失っていまいます。

 

女王を殺せば交渉相手を失う!?【約束のネバーランド157話】

 

それでは物語が進まなくなってしまうので、やはり女王が死亡すると今までに食べた者たち全員が復活するのではないかと妄想しています。

 

では、その復活をした中の誰と交渉をするのか、僕はその相手がギーランではないかと考えています。

 

ギーランは元々は五摂家でしたが、家臣であるドッザに裏切られ、イヴェルクに助けを求めるも見捨てられてしまい「野良落ちの刑」を余儀なくされてしまいました。

 

しかし、ギーランは五摂家の中で1番民のことを考えており、家臣からの信頼も厚いことが過去編で明らかになりました。

 

ただ、このギーランの過去編を読んで、僕はある違和感を感じました。

 

ギーランの話が異様な程に長い【約束のネバーランド157話】

それは、ギーランの話が異様な程に長かったことです。

 

ギーランvs女王・イヴェルクの話の間にちょくちょく過去編が挟まっており、この鬼対鬼の戦いが長いと感じませんでしたか?

 

僕は、いきなりストーリーのテンポがガクッと落ちて、なんでこんなにギーランの話を引き延ばすのか凄く疑問でした。

 

正直、ギーランがいい奴だったことはもう分かったから早くエマとレイをノーマンに合わせて欲しいと思っていました。

 

なぜ、それだけギーランの話を丁寧に描いていたのか?

 

その理由は、今後ギーランが復活しエマと交渉することになるからではないでしょうか?

 

女王を倒した後、エマとの交渉を終えたギーランは、家臣たちと共に鬼の世界の統治を行うことになると予想しています。

 

今後、ギーランが復活を果たし、重要な役割を担うのだとすれば、ギーラン編が長かったことも納得できます。

 

みなさんは、エマは誰と交渉をすることになると思いますか?

 

『約束のネバーランド』の最新話を無料で読みたい!

 

『約束のネバーランド』の最新話を無料で読みたいという方は、U-NEXTがオススメです。

 

U-NEXT特徴は次のとおりです。

 

  • 無料登録で31日間無料で動画見放題!
  • 無料登録で600円分のポイントゲット!
  • 月額1990円で使い放題!

 

U-NEXTを無料登録すると600円分のポイントが貰え

るので、そのポイントで『約束のネバーランド』の最新話が掲載されている『週刊少年ジャンプ』を1冊無料で読むことができます。

 

あまり大きい声では言えませんが、『週刊少年ジャンプ』を読んだ後で解約すればお金はかかりません。

 

なので、1円もお金を払いたくないという方は31日以内に解約しちゃってください。(←U-NEXTに怒られそう笑)

 

U-NEXTまだ1度も登録していない人限定なので、この特典が終わる前にお早めに登録してください。

▼公式HPはこちら

 

 

カテゴリー
【関連記事】

<script><noscript><img src=

<script><noscript><img src=

マンガ・アニメ約束のネバーランド
池井 サカキをフォローする
読書シンドローム

コメント

タイトルとURLをコピーしました