【五等分の花嫁】110話ネタバレ考察|五月エンドが濃厚に・・・

五等分の花嫁109話 マンガ・アニメ
スポンサーリンク

【五等分の花嫁】110話ネタバレ考察|五月エンドが濃厚に・・・

サカキ
サカキ

今回は、『五等分の花嫁』110話の考察をしていきます!

 

ここには最新話までのネタバレの内容が含まれますので、ご注意ください。

 

この記事は、YouTubeにアップした動画2本分の内容をまとめたものです。

 

動画1本目では、次の3つのことについてお話しています。

 

  • 次回 五月の場合③説濃厚
  • 五月と風太郎が急接近
  • 五月はキスをしない?

 

▼動画で観たい方はこちら

【五等分の花嫁】110話考察動画|五月ガチで花嫁濃厚※ネタバレ注意

次回 五月の場合③説濃厚【五等分の花嫁110話考察】

まず、110話を読んで、五月が花嫁濃厚になったと感じました。

 

その理由は2つあり、1つ目は「五月の場合③」に突入する可能性が浮上したことです。

 

恐らく次回の111話で五月が実父とケリをつける展開になると予想されるので、五月の場合③が描かれるのはほぼ間違いないと思います。(風太郎の場合①という可能性もあります)

 

他の4人は2話だったので、もし五月の③が描かれるとすれば、この時点で五月の扱いが他の子と明らかに違うことが分かります。

 

確かに、実父をたったの2話で片付けるのは無理があるのかもしれませんが、ここから五月の大逆転劇が始まる予感しかしていません。

 

今まで、特に何もなかったにも関わらず脅威であった五月が、いよいよ攻めてくることが予想されます。

 

なので、四葉推し、もしくは四葉エンドを望んでいる方は、本当に覚悟する時が来たと言えます。

 

五月が花嫁濃厚になったと感じた理由2つ目は五月が風太郎に勉強を教えてくれるようにお願いしたことです。

 

五月と風太郎が急接近【五等分の花嫁110話考察】

これは110話における最も重要なポイントだと思います。

 

この2人のやりとりは、第1話を彷彿とさせますが、五月のこの表情を見ると、完全に落ちていると言わざるを得ません。

 

今まで、五月は風太郎に反発することが多く、姉妹の中で1番距離が開いていましたが、ついに五月が風太郎に歩み寄ったことがこのシーンから伺えます。

 

もし、五月が風太郎に恋をせず中立な立場を貫くことになっていれば、五月エンドはありえないと思っていました。

 

しかし、風太郎を頼りたくても言い出せなかった五月が、今回ついに自分から言い出したことで、五月は花嫁闘争に本気で参戦することになったと考えられます。

 

五月がこのまま特に動き出さなかったら、もうほぼほぼ四葉エンドだと思ってましたが、いよいよ本当にヤバイ展開が来る予感がしています。

 

今回、五月はキスをしませんでしたが、このままキスをしないで終わるのでしょうか?

五月はキスをしない?【五等分の花嫁110話考察】

 

僕は、それはないと思っています。

 

恐らく、次回、実父とケリをつけた後で風太郎にキスをするはずです。

 

以前にアップした動画で詳しく説明していますが、五月が風太郎の唇にキスをした場合は、四葉エンドが確定し、頬っぺなどの唇以外にキスをした場合は、四葉と五月の延長戦に突入します。

関連動画>>五月は風太郎の頬っぺにキスする説

 

また、キスをしなくても、頬っぺ以外にキスをした時と同様に、四葉と五月の延長戦を意味するので、このまま四葉vs五月の一騎打ちになることが期待できます。

 

僕は、五月が風太郎の唇以外にキスをする可能性が1番高く、その次がキスをしない、そして唇にキスをするのが1番可能性が低いと考えています。

 

スポンサーリンク

【五等分の花嫁】110話考察動画2本目

【五等分の花嫁】110話考察動画|マルオ株急上昇↑↑※ネタバレ注意

 

続いて、『五等分の花嫁』110話考察動画2本目の内容をまとめていきます。

 

具体的には、次の4つのことについてお話しします。

 

  • 実父が学園祭に来れた理由
  • 実父が零奈を捨てた理由
  • マルオディスりは許せない
  • 実父の処分

 

実父が学園祭に来れた理由【五等分の花嫁110話考察】

まず、なぜ実父は学園祭に来れたのかについてですが、それは一花をテレビのCMで見たからでした。

 

まさか、95話で描かれていた一花のCMが実父とつながってくるとは思ってもいなかったので、これには驚かされました。

 

恐らく実父は、一花を見て零奈の面影を感じ、Googleで「METCH CM 女の子」と検索したはずです。

 

そして、それが中野一花であり、現在旭高校に通っていることが分かり、近々学園祭が開催されるという情報を仕入れて現れたと考えられます。

 

95話では、二乃が「中野一花 CM」と検索するシーンが描かれていましたが、二乃はもしかするとこの時から実父に一花の存在が知られることを危惧していたのかもしれません。

 

実父が零奈を捨てた理由【五等分の花嫁110話考察】

続いて、実父が零奈を捨てた理由も110話で明らかになりました。

 

実父が逃げたのは、零奈のお腹の中にいる子が五つ子であることを知って、ビックリしたからです。笑

 

もっと複雑な理由があるのかと思いましたが、意外とシンプルで、実父はただただ普通に最低な人だったことが分かって安心しましたww

 

実父は、五月に土下座をし「ずっと後悔をしていた もし許されるなら罪滅ぼしをさせてほしい」と頭から血を流しながら訴えました。

 

こんな情緒不安定な父親を見て、五月がドン引きするのも無理はありません。

 

そして、実父が全く反省していないことが、その後のセリフから読み取れます。

 

それは、なぜか急にマルオをディスり始めたからです。

 

マルオディスりは許せない【五等分の花嫁110話考察】

五月は、頭を下げる実父に対して「もう私たちに関わらないでください お父さんならもういます」と超正論を突き付けました。

 

すると、実父はマルオのことを「生徒としては優秀だが、父親としては不合格と言わざるを得ない」と父親失格の自分を棚上げして、マルオディスります。

 

また、実父は「お母さんが死んだとき 彼が君に何をしてくれた?」と続けましたが、自分こそ何もしなかったにも関わらず、少なくとも五つ子の衣食住を整えたマルオをディスる資格なんて実父にはあるはずがありません。

 

以上のことから、実父は反省なんて微塵もしておらず、自分の罪を滅ぼすどころかさらに罪を重ねているが分かると思います。

 

実父の処分【五等分の花嫁110話考察】

続いて、五つ子は実父の処分をどうするのかについてですが、学園祭2日目の夜に風太郎は一花に実父が五月と接触した疑いがあると言っていたので、最終日に一花から他の姉妹に実父襲来の件を伝えていたと考えられます。

 

さすがに、実父とマルオが五つ子を巡って親権争いをすることや、五つ子が実父を受け入れるような展開になるとは考えづらいです。

 

なので、恐らく、姉妹は本当の父親はマルオだという共通認識を持ち、実父には五月から、もう自分たちには近寄らないで欲しいと伝えることになるのではないかと予想しています。

 

そして、個人的にも、実父は五つ子に接触しないで欲しいと思っており、またもう二度と『五等分の花嫁』には登場しないで欲しいと心からお祈りしています。

 

動画2本分の内容は以上です。

 

YouTubeには、『五等分の花嫁』110話の考察動画を3本アップしていますが、3本目の同動画の原稿を消してしまったので、もしその内容が気になるという方は以下の動画からご覧ください!

 

【五等分の花嫁】110話考察動画|五月エンドの可能性グングン上昇中↑↑※ネタバレ注意

 

『五等分の花嫁』の最新話を無料で読みたい!

無料で読むには、<U-NEXT>がオススメです!

 

<U-NEXT>特徴は次のとおりです。

 

  • 無料登録で31日間無料で動画見放題!
  • 無料登録で600円分のポイントゲット!
  • 月額1990円で使い放題!

 

<U-NEXT>無料登録すると、600円分のポイントが貰えます。

 

そのポイントを使って、『五等分の花嫁』の最新話が掲載されている『週間少年マガジン』を読むことができます。

 

あまり大きい声では言えませんが、『五等分の花嫁』の最新話を読んだ後で解約すればお金はかかりません。

 

なので、1円もお金を払いたくないという方は31日以内に解約しちゃってください。(←<U-NEXT>に怒られそう笑)

 

1回きりのチャンスなので、まだ登録していない方限定の特典となっています。

 

この特典が終わる前に、お早めに登録することをオススメします。

▼公式ホームページはこちら

 

カテゴリー
【関連記事】

<script><noscript><img src=

<script><noscript><img src=

マンガ・アニメ五等分の花嫁
池井 サカキをフォローする
読書シンドローム

コメント

タイトルとURLをコピーしました