【約束のネバーランド】154話ネタバレ感想|ラムダを救うカギはアダム!?

約束のネバーランド154話 マンガ・アニメ
スポンサーリンク

【約束のネバーランド】154話ネタバレ感想|ラムダを救うカギはアダム!?

『約束のネバーランド』154話の内容と感想を紹介します。

 

前回の内容を復習したい方は下記の関連記事をご覧ください。

関連記事>>『約束のネバーランド』153話ネタバレ感想

 

※ここから先はネタバレの内容を含みますので、最新話を読んでからご覧ください。

 

エマに口説き落とされたノーマン【約束のネバーランド154話】

前回、ノーマンはエマは口説かれてついに「助けて」と本音を吐いたところで終わりました。

 

ノーマンは涙を流しながら「僕らはもう長くは生きられない」と言い、ヴィンセントがノーマンの言葉に驚きました。

 

約束のネバーランド154話

ー『約束のネバーランド』154話より

 

ノーマンは、ヴィンセントたちには自分はラムダ農園で実験体として扱われておらず、投薬実験を受けていないとウソをついていたようです。

 

それは、ノーマンがみんなから頼られるボスであろうと思ったからだと言いました。

 

ノーマンの本心【約束のネバーランド154話】

レイがノーマンに、本心からしたいことを訊きました。

 

ノーマンの本心は次のとおりです。

 

  • 王・貴族を殺したことに悔いはない
  • しかし、これ以上は殺したくない
  • 城下に撒いた毒の後始末をしたい
  • ラムダと自分の命を諦めたくない

 

すっかり昔のノーマンという感じですね。

 

そんなノーマンにエマとレイは「一緒に何とかしよう」「助けてやる」と声をかけたところ・・・

 

ヴィンセント「ふざけるな」【約束のネバーランド154話】

ヴィンセントが「ふざけるな 今更何なのだ・・・!」と怒りを露わにしました。

 

約束のネバーランド154話

ー『約束のネバーランド』154話より

 

ヴィンセントがそう言うのもごもっともですね。

 

今まで鬼の絶滅を目指してきたのに、急にボスが考えを変えたら「え!?」ってなりますよね。笑

 

ヴィンセントは、もしノーマンが邪魔をしようとも絶対にやめないと怒鳴り上げます。

 

153話を読んだ時は、GF vs ラムダになるのかと思いました。

 

ただ、もしそうなるとザジがいるラムダの方が圧倒的に有利であるため、そんな状況をエマたちはどうやって乗り切るのかと心配していました。

 

まさかの融和ムード【約束のネバーランド154話】

が、しかし

 

シスロが「もう十分だろ」と声をかけました。

 

約束のネバーランド154話

ー『約束のネバーランド』154話より

 

シスロは、「ノーマンの優しさに甘えてノーマンを復讐の道具に利用していたんだ」と言い、「復讐よりボスが大事だ 俺はあんたについていくよ」と続けました。

 

シスロがいいいヤツ過ぎて泣けますね。。。

 

バーバラ「うん」

ザジ「あうあー」

 

バーバラもザジもシスロの意見に賛成のようです。

 

バーバラが1番やっかいなのかと思っていましたが、今の状態では反対する元気もないという感じですね。

 

ラムダを救うカギはアダム!?【約束のネバーランド154話】

ラムダにいた食用児に発作が起きるのは、ある特定の試験薬が原因であるようです。

 

その薬は、ラムダにいた食用児全員に出されており、その全員に発作が起きています。

 

しかし、唯一その発作が起きていない食用児がいます。

 

それは、アダムです。

 

約束のネバーランド154話

ー『約束のネバーランド』154話より

 

アダムはラムダから出て2年になりますが、その間に1度も薬の副作用が起きていません。

 

ということは、アダムの体に何か秘密があり、それが分かればラムダの皆の命を救うことができるようになります。

 

現に、アジトではアンナを筆頭にアダムの体を調べている最中です。

 

アダムは邪血の少女ならぬ、邪血のラムダですね。

 

【約束のネバーランド154話】

しかし、のんびり実験をしている時間はありません。

 

なぜなら、王兵の大群がアジトを探しているからです。

 

その大群を見て、エマとレイを王都の途中まで送ってくれたオリバーたちがアジトへ引き返しましたが、もし見つかってしまうと今度は食用児が全滅の危機となります。

 

ここでエマたちは二手に別れることにします。

 

  • エマ・レイ→城下の毒を何とかする
  • ノーマン・ラムダ→アジトに戻る

 

ノーマンは早速、シスロに馬の用意を、ヴィンセントに脱出経路の動線確保を指示して動き出しました。

 

が、しかし

 

女王レグラヴァリマが生きていた!?【約束のネバーランド154話】

なんと、ノーマンの後ろには鼻から上がない女王レグラヴァリマの姿がありました。

 

約束のネバーランド154話

ー『約束のネバーランド』154話より

 

そして、大きく口を開けてノーマンに向かって・・・

 

と、ここで『約束のネバーランド』154話はおしまいです。

 

スポンサーリンク

【約束のネバーランド】154話ネタバレ考察

『約束のネバーランド』154話で気になったことは次の3つです。

 

  • アジトがバレた理由
  • 女王レグラヴァリマが生きていた理由
  • ノーマンは助かるのか

 

アジトがバレた理由

王兵の大群はアジトを探していましたが、なぜアジトの存在がバレたのでしょうか?

 

考えられるのは、複数の農園が食用児によって潰されたことで、鬼たちはその食用児たちの存在に気づいていたということです。

 

鬼側の内通者がいるという可能性も考えましたが、もし内通者がいればノーマンの作戦もバレているはずです。

 

食用児の奇襲に対応できていない様子を見ると、内通者がいるとは考えづらいですね。

 

女王レグラヴァリマが生きていた理由

女王レグラヴァリマが生きていたのは驚きましたね。

 

弱点である目は完全に潰されていたので、女王レベルの鬼だと、もしかすると弱点の克服または弱点を移動することが出来るのかもしれません。

 

ただ、女王レグラヴァリマは毒で弱っているはずなので、イタチの最後っ屁に過ぎず、ここから形成逆転はないと思います。

 

ノーマンは死ぬの!?

ただ、女王レグラヴァリマはノーマンを食べることに人一倍、いや、鬼一倍執着していました。

 

シスロが「ボスー!!」と叫んで助けようとしていますが、間に合うのでしょうか?

 

せっかく仲直りしたのに、ここでノーマンが死んだら凄くショックですよね。

 

さすがにノーマンが死ぬことはないはずなので、ザジあたりが助けるのではないかと考えられます。

 

しかし、誰も犠牲になることなく復活した女王レグラヴァリマを倒すことになれば、「あ~怖かったね」だけで終わってしまい、女王レグラヴァリマが立ち上がった演出の意味がほぼなくなってしまいます。

 

なので、最低一人が犠牲になるはずです。

 

今、1番ノーマンの近くにいるのはエマですよね。

 

と言ってもエマが死ぬのはノーマンが死ぬよりも可能性が低いので、シスロかヴィンセントあたりが死亡するのではないのでしょうか?

 

続きはこちら>>【約束のネバーランド】155話ネタバレ感想

 

『約束のネバーランド』関連記事

【約束のネバーランド】150話ネタバレ感想

【約束のネバーランド】151話ネタバレ感想

【約束のネバーランド】152話ネタバレ感想

【約束のネバーランド】156話ネタバレ感想

【約束のネバーランド】157話ネタバレ感想

 

『約束のネバーランド』の最新話を無料で読みたい!

 

『約束のネバーランド』の最新話を無料で読みたいという方は、U-NEXTがオススメです。

 

U-NEXT特徴は次のとおりです。

 

  • 無料登録で31日間無料で動画見放題!
  • 無料登録で600円分のポイントゲット!
  • 月額1990円で使い放題!

 

U-NEXTを無料登録すると600円分のポイントが貰えるので、そのポイントで『約束のネバーランド』の最新話が掲載されている『週刊少年ジャンプ』を1冊無料で読むことができます。

 

あまり大きい声では言えませんが、『週刊少年ジャンプ』を読んだ後で解約すればお金はかかりません。

 

なので、1円もお金を払いたくないという方は31日以内に解約しちゃってください。(←U-NEXTに怒られそう笑)

 

U-NEXTまだ1度も登録していない人限定なので、この特典が終わる前にお早めに登録してください。

▼公式HPはこちら

 

カテゴリー
【関連記事】

<script><noscript><img src=

<script><noscript><img src=

マンガ・アニメ約束のネバーランド
池井 サカキをフォローする
読書シンドローム

コメント

タイトルとURLをコピーしました