クレヨンしんちゃんという生き方~これぞ成功者マインド!しんちゃんから学ぶ成功の法則とは!?~

マンガ・アニメ

こんにちは!

みなさん「クレヨンしんちゃん」って知っていますか?

特別な事情がない限り知らないという方はいないですよね

特別な事情ってなに!?

スポンサーリンク

しんちゃんという生き方

実は、私は小さい頃からしんちゃんが好きで、周りのみんなは戦隊もののヒーローに憧れている中、私は一番しんちゃんに憧れていました。

「しんちゃんみたいに生きられたらな」とずっと思っていました。

そこで、なんで私は、そんなにしんちゃんに憧れていたのかを考えてみると、あることに気づきました!

それは、しんちゃんの生き方は、まるで成功者のようだと。

大人になった今だからこそ、しんちゃんから学べることが沢山あると思います。

なので、今回は「しんちゃんと成功者の共通点」について紹介したいと思います。

スポンサーリンク

成功者ってどんな人!?

と、その前に、そもそも成功者と言っても人によって定義が違うと思いますので、まずは私が思い描く成功者について説明したいと思います。

私は、次の2つのどちらか片方を満たしていれば成功者だと思っています。

1.自分のやりたいことを成し遂げた人

2.幸せな人

1つ目の、「自分のやりたいことを成し遂げた人」というのは一般に多く人が考える成功者のイメージに近いと思います。

例えば、Windowsの創始者であるビル・ゲイツや、appleの創始者であるスティーブ・ジョブズなどが当てはまります。

続いて、2つ目の「幸せな人」について。

これは、私の持論ですが、人生の最大の目的は「幸せになること」だと思っています。

なので、幸せになった時点で人生に成功していると考えています。

お金を持っていなくても、良い物を持っていなくても、何かを成し遂げていなくても、その人が「幸せ」であれば人生の勝ち組です。

私は常日頃から、どのように生きれば自分は幸せになれるかについて考え続けています。

ちなみに、私が導き出した自分が幸せになるための条件は次のとおりです。

・本を沢山読む

・好きな時間に働く

・好きな仕事をする

・好きな人と(もしくは1人で)働く

そして、今の仕事(公務員)を続けていれば、この条件をクリアできず一生幸せになれないと考え、仕事を辞めて、2019年4月からフリーランスとして働くことに決めました。

「お金持ちになりたい」「良い物を持ちたい」とは全く思わず、質素な生活でもいいから、なによりも自由がほしいと思って決断しました。

 

みなさんも、一度自分と向き合って自分が幸せになれる方法を考えると、人生が動き出すかもしれません。

スポンサーリンク

しんちゃんと成功者の共通点

それでは、しんちゃんと成功者の共通点について説明していきたいと思います。

自由気まま

1つ目は、「自由気まま」であることです。

しんちゃんの言動って自由ですよね!

何も考えないで発言したり、行動しているしんちゃんが小さい時から羨ましくしてしょうがありませんでした。

私の場合は、「自分のやりたいようにしたいけど、(親・先生に)怒られたくない」という理由でできなかったことが沢山ありました。

周りを気にしていては、楽しく生きることも、成功することもできないですよね。

周りを気にしている暇があれば「好きなことをやれ!」ということです!

常識はずれ

2つ目は、「常識はずれ」 ということです。

しんちゃんは、人前でも(人前だからかもしれませんが)平気でお尻を出します。

常識的に考えると、人前でお尻を出すのはアウトです。

しかし、成功するには、常識に従ってみんなと同じようなことをするのではなく、しんちゃんのように非常識な行動をとる必要があります。

ちなみに、いい歳の大人が人前でお尻を出すと「公然わいせつ罪」で捕まるので、気をつけてください。笑

ポジティブ

3つ目は、「ポジティブ」でいつも前向きであることです。

しんちゃんっていつも楽しそうですよね。

将来の心配なんて全くなく、「今」を楽しんでるように思います。

良い未来を思い描けるのであれば、先のことを考えても良いと思いますが、大抵の場合は暗い気持ちになりますよね。笑

・年金・退職金はもらえるのか

・大きな病気をしないか

・結婚できるのか

・結婚生活は上手くいくのか

・子どもは元気に生まれてくるのか

・ちゃんと良い子に育つのか

ちょっと考えるだけ、心配事ばかり思い浮かんでしまいます。(私だけかもしれませんが笑)

どうなるかわからない将来を憂いてもしかたがありません。

心配事が増えて、何もかもが嫌になって、何もしたくなくなります。

なので、結局、「今」を楽しむことが、「幸せ」にも「成功」にもつながるのではないかと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

カテゴリー
【関連記事】

<script><noscript><img src=

<script><noscript><img src=

マンガ・アニメ
池井 サカキをフォローする
読書シンドローム

コメント

タイトルとURLをコピーしました