伊坂幸太郎『陽気なギャングが地球を回す』あらすじ・感想~あれもこれも伏線だったの!?を体験できます~

伊坂幸太郎
スポンサーリンク

『陽気なギャングが地球を回す』は初めて読む伊坂幸太郎作品にピッタリ!

伊坂幸太郎さんの本で初めて読んだのが、陽気なギャングシリーズの一作目「陽気なギャングが地球を回す」でした。

 

この本を手に取った理由は、表紙がユニークで面白そうだったからです。笑

 

表紙には、地球を抱えている強盗が描かれているのですが、見るからにエンタメ感ぷんぷんです。

 

表紙はこちらです。

スポンサーリンク

あらすじ・感想

この物語を一言で表すと、ちょっと変わった能力を持つ4人組の銀行強盗の話です。

 

このちょっと変わった能力というのがポイントになります。

 

それでは一人ずつ紹介していきます。

 

YouTubeで観たい方はこちら

【伊坂幸太郎】『陽気なギャングが地球を回す』全人類におすすめのエンタメ小説!

成瀬:人間噓発見器

まず一人目、普段は市役所に勤務する37歳の成瀬の能力は、人の嘘を見抜くことで、人の仕草や表情、話し方ですぐに嘘が分かります。

久遠:天才スリ

続いて二人目の、人よりも動物を愛する20歳の久遠は、スリの天才で、相手に気づかれずに物を盗ることができます。

響野:演説の達人

そして三人目、喫茶店の店主をしている郷野は、演説の達人であり、人間嘘発見器である成瀬は「響野は生まれてこの方、本当のことよりもでまかせを口にした回数のほうが多い」と言います。

雪子:正確な体内時計を持つ

そして、最後、4人目、強盗メンバー唯一の女性である雪子は、正確な体内時計を持っており、時計を見ずに1秒の狂いもなく数を数えることができます。

 

銀行強盗の役割分担

久遠のスリの能力以外、銀行強盗にどのように役立てるのか想像できないと思いますので、簡単に説明します。

 

まず、演説の達人である響野は、職員とお客さんが余計なことをしないように、そして落ち着かせるために話しかけます。

 

嘘を見抜く成瀬と天才スリの久遠の2人の役割は、響野が演説をしている間に、お金をボストンバッグの中にひたすら入れることです。

 

複数ある金庫のカギの中から正しいものを見つけるのに成瀬のウソ発見器の能力を使い、久遠が免許証の入っている職員のサイフを盗むことで、職員を脅して従わせるのに役立てます。

 

そして、残りの一人正確な体内時計を持つ雪子は、車の運転を担当しています。

 

彼女は、信号の待ち時間や道路の混雑具合をしっかりと頭に入れているため、お金を盗んだ3人を乗せて最善のルートを通って逃走するという役割です。

 

ここで、演説の達人である響野が、成瀬と久遠の2人がせっせとお金を盗んでいる間に何を話しているのか気になるという方のために内容を簡単に紹介します。

 

響野の演説内容

響野は、「さて、皆さん、今日は記憶の話をしましょう」といったように話し始めます。

 

もちろん、これを聞いたお客さんはきょとんとしていることは言うまでもありません。

 

響野は、「なめくじにも記憶があることはご存知でしょうか?」と記憶をテーマに話を続けます。

 

演説の中では、手続き記憶・意味記憶・エピソード記憶の3種類の記憶について説明されており、マメ知識を得ることもできます。

 

読者も響野の演説に聞き入ってしまい、銀行強盗をしていることをすっかり忘れてしまうはずです。

 

響野の素晴らしい演説のおかげもあって、3人は無事強盗を完了し、雪子が運転する車に乗り込みます。

せっかく盗んだお金が盗まれる!?

彼らは今まで100%銀行強盗を成功させてきており、今回も上手くいったかに思っていたところ、なんと逃走中にせっかく盗んだ4000万円を別の男たちに車ごと奪われてしまいます。

 

このままお金が返ってくることはないかに思えましたが、なんと久遠はお金を横取りした相手のサイフを盗っていました。

 

後日、財布の中にあった免許証に書かれている住所を手掛かりに、その男の家に出向いたところなんと、その家では一人の男の「死体」見つけます。

 

死んでいる男は一体何者なのか?

 

彼らは盗まれた4000万円を取り返すことができるのかに注目です。

 

この小説は、登場人物がとてもユニークでストーリー展開も早く全く飽きさせません。

 

人間嘘発見機の成瀬さんが凄くカッコよくて、演説の達人である響野さんの会話が凄く面白いです。

 

この小説を読めば、伊坂幸太郎さんの面白さを理解できる思います。

 

陽気なギャングシリーズ全て読んじゃえ!

私自身も1番最初に読んだ伊坂幸太郎作品が、この『陽気なギャングが地球を回す』でした。

 

そして、この作品を読んだことをきっかけにほぼ全ての作品を読むことになりました。

 

この陽気なギャングシリーズは、この作品を入れて3作品あります。

 

  1. 陽気なギャングが地球を回す
  2. 陽気なギャングの日常と襲撃
  3. 陽気なギャングは三つ数えろ

 

『陽気なギャングが地球を回す』を読んだ後は、残りの2つも読みたくなるはずです。

 

 

伊坂幸太郎は伏線回収の神

他にも、伊坂さんの特徴を言うと、伏線の伏せ方とその回収がメチャクチャうまいんです。そ

 

日本でも間違いなくトップレベルでしょう。

 

しかも、伊坂の伏線は伏線って気づきにくく、後半になるにつれて「あ、前半のあそこが実は伏線だったんだ」ということが多々起こります。

 

大学の時に、普段本を読まない友達にも貸しましたが、その時に「後半になるにつれて、どんどん面白くなった。回収された伏線を確認するのに2回読んだ」と言ってくれました。

 

貸した側からすれば最高の褒め言葉ですね。

人にオススメしやすい

伊坂さんの本は、非常に読みやすく、読後感がスッキリしているので、人にオススメしやすいです。

 

もし、普段あまり本を読まない友達から、オススメの本ある?と訊かれたら、伊坂さんを紹介すれば間違いないでしょう。

 

それと、伊坂さんの本に出てくるキャラクターは変わり者が多いんですが、どこか憎めないところがあるので、登場するキャラクターにも注目です。

 

登場人物たちの会話もすごくユーモラスで思わずクスッと笑ってしまうことがあるでしょう。

まるで映画を観ているかのような読書体験

伊坂さん自身が映画好きということもあり、伊坂さんの小説は、本を読んでいるというより映画を観ているという感覚に近いです。

 

実際に映画化しているものも多いので、原作に興味を持った方は、その作品の映画を見るというのも、伊坂さんの楽しみ方の一つではないでしょうか?

 

伊坂幸太郎 関連記事

【伊坂幸太郎全作品一覧】デビュー作から新作まで出版順に一言で紹介!
【伊坂幸太郎全作品一覧】デビュー作から新作まで出版順に一言で紹介! サカキ こんにちは、サカキです!今回は、伊坂幸太郎さんの全作品を刊行順に紹介していきます! ただ、あらすじを紹介するのでは...
【伊坂幸太郎オススメ小説ランキング10選】~ファン歴10年の私が最高傑作を紹介!~
【伊坂幸太郎オススメ小説10選】~ファン歴10年の私が最高傑作を紹介!~ サカキ 今回は、発売された小説のほとんどがベストセラーになる伊坂幸太郎さんのオススメの小説を10冊ランキング形式で紹介します! ...
【伊坂幸太郎』『砂漠』感想&解釈~大学生は突然「砂漠」に放りだされたような存在!?~
伊坂幸太郎『砂漠』感想~大学生は突然「砂漠」に放りだされたような存在!?~ 入学した大学で出会った5人の男女。ボウリング、合コン、麻雀、通り魔犯との遭遇、捨てられた犬の救出、超能力対決・・・・・・。共に経験した出来事や事件が、互いの絆...
【伊坂幸太郎】『アヒルと鴨のコインロッカー』あらすじ&感想【ネタバレなし】
【伊坂幸太郎】『アヒルと鴨のコインロッカー』あらすじ&感想【ネタバレなし】 こんにちは、サカキです!今回は伊坂幸太郎さんの『アヒルと鴨のコインロッカー』という作品のあらすじと感想を紹介します。 私は伊坂幸太郎さんの作...
【小説】伊坂幸太郎『ゴールデンスランバー』あらすじ・感想【ネタバレなし】
【小説】伊坂幸太郎『ゴールデンスランバー』あらすじ・感想【ネタバレなし】 サカキ こんにちは、サカキです。今回は伊坂幸太郎さんの『ゴールデンスランバー』という作品を紹介します。 この記事では...
【伊坂幸太郎】『重力ピエロ』あらすじ・名言・感想を紹介!【ネタバレなし】
【伊坂幸太郎】重力ピエロあらすじ・名言・感想を紹介!【ネタバレなし】 サカキ こんにちは、サカキです。今回は伊坂幸太郎さんの『重力ピエロ』という作品を紹介します! 『重力ピエロ』を一言で表す...
【伊坂幸太郎】『オーデュボンの祈り』あらすじ・感想【ネタバレなし】
【伊坂幸太郎】『オーデュボンの祈り』あらすじ・感想【ネタバレなし】 サカキ こんにちは、サカキです!今回は、伊坂幸太郎さんのデビュー作『オーデュボンの祈り』あらすじ・感想を紹介します! ...
【伊坂幸太郎】『死神の精度』あらすじ・感想【ネタバレなし】
【伊坂幸太郎】『死神の精度』あらすじ・感想【ネタバレなし】 サカキ こんにちは、サカキです!今回紹介するのは、伊坂幸太郎さんの『死神の精度』という作品です! この作品は、100万部を越す大ベ...
カテゴリー
【関連記事】

<script><noscript><img src=

<script><noscript><img src=

伊坂幸太郎小説
池井 サカキをフォローする
読書シンドローム

コメント

  1. kiri1837 より:

    楽しく読ませてもらいました。
    私も伊坂幸太郎はかなり読んでますが伏線をばら撒きまくって後半で一気に回収して行くのはもう快感の域ですよね

  2. ke1Q84 より:

    id:kiri1837
    bOOkBugさん
    コメントありがとうございます(#^^#)
    あの気持ちよさはヤミツキになりますよね(*’ω’*)

  3. kiri1837 より:

    私も近いうちに伊坂幸太郎で記事書こうと思いますい

タイトルとURLをコピーしました